【家電YouTuberのオススメ家電】 マストバイ!

家電YouTuberせすの家電ブログです。ついでに家電量販店の店員もやってます。

購入の巻[レンジ編]

f:id:kadenyoutuber:20200203022329j:plain

こんにちは。せすです。
今回は家電を選ぶ過程を説明しながら、実際に購入して使ってみるまでをお見せする「購入の巻」シリーズです。


今回の購入検討中の商品は「オーブンレンジ」です。

f:id:kadenyoutuber:20200129001409p:plain

 

 

まずは、オーブンレンジを製造している主なメーカーと、そのメーカーの機種の特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

主なメーカーとその特徴

Panasonic

f:id:kadenyoutuber:20200129001444j:plain

言わずと知れた大御所家電メーカー。
ビストロという愛称のレンジが製造されています。
ビストロの特徴としてはグリル機能が強いところで、魚や肉料理をレンジで作ってしまいたいという方にはおすすめです。

 

東芝

f:id:kadenyoutuber:20200129001543p:plain


石窯ドームという名の通り、ドーム状に設計されたレンジ内部では、オーブン使用時の熱対流を促進させることでムラなく焼き上げる事ができます。手作りパンやスイーツ作りなどに効果を発揮します。

 

SHARP

f:id:kadenyoutuber:20200129001609j:plain

ヘルシオの愛称で知られるウォーターオーブンを作っています。ウォーターオーブンとは、水を入れて、過熱する事で気体にした「過熱水蒸気」を利用することからそう呼ばれています。過熱水蒸気の機能は他メーカーにも搭載されていますが、他メーカーの過熱水蒸気過熱水蒸気とオーブンを利用した調理方法で、SHARPの場合は過熱水蒸気単体で調理をするため、温度が違うものや金属など基本的にはなんでも一緒に調理できます。

 

日立

f:id:kadenyoutuber:20200129001502j:plainヘルシーシェフと呼ばれる日立のオーブンはレンジの性能が優れています。センサーの種類が豊富で、お手入れしやすいオーブンの熱線がないタイプ。一番使うのはレンジの機能だと思うので迷った場合は日立にしておくと間違いありません。

 


ここまで各主要メーカーの特徴を紹介してきましたが、実際、自分の欲しい条件はなんなのかまとめてみます。

 

自分のレンジに求める条件

パンやお菓子を作りたい!→コンベクション機能付き

f:id:kadenyoutuber:20200129001641j:plain

コンベクションとは熱風循環機能のことで、オーブン使用時に上下のヒーターの熱をファンで循環させることで、焼きムラなく均一に焼き色がつけられます。この機能がない場合、手作りパンなどは上下だけ焼けて側面が焼き色がつかない事があるのでコンベクション機能は欲しいです。

ミドル機種以上の性能が欲しい!

ミドル機種とは真ん中やそれより少し上のモデルで、メーカーによって違いはありますが、レンジの場合は5万円以上くらいです。ミドル機種以上に付帯してくる機能としては、スチーム機能、2品同時温め機能などです。中でも2品同時温め機能はふたつの食材(ご飯とおかずなど)を自動で最適に温めてくれる機能で、別々に温める手間が省けるので欲しいなと思いました。

f:id:kadenyoutuber:20200129001657j:plain

色が白

f:id:kadenyoutuber:20200129001716p:plain

わがまま

 

候補の機種のこれ!


価格帯は5万前後で探した結果、各メーカーから以下の機種が候補に上がりました!


Panasonic NE-BS806

f:id:kadenyoutuber:20200129001743j:plain

 


東芝 ER-TD3000

f:id:kadenyoutuber:20200129001755p:plain

 


日立 MRO-W1X

f:id:kadenyoutuber:20200129001807j:plain

 


SHARP コンベクションは上位機種しかないので選考外

 


この中で考えたときにまずPanasonicのNE-BS806は2品同時温め機能がついていないのと、Panasonicのビストロはスチーム解凍以外の解凍メニューが用意されていないので使いづらく却下。


残るは日立MRO-W1Xと東芝ER-TD3000。
自分はお菓子を作る事をしたいので東芝にしようかと思ってますが、日立の機種は最上位モデル(厳密にいうともう一つ上の機種があるが、スマホに繋がるだけ)なので捨てがたい。

心は東芝のER-TD3000に決まってましたが、いざ実機をいじってみて日立のMRO-W1Xにすることにしました。決め手となったのは「操作性」と「音」です。操作性は次回の動画で紹介しますが、音はダイヤル動かした際の音が東芝は不快だったので日立にしました。


というわけで、次回は日立のオーブンレンジを紹介していきます。