【家電YouTuberのオススメ家電】 マストバイ!

家電YouTuberせすの家電ブログです。ついでに家電量販店の店員もやってます。

象印の高級炊飯器「炎舞炊き」に新モデル登場

f:id:kadenyoutuber:20190428233434j:plain
象印マホービンは最高級炊飯器「炎舞炊き(えんぶだき)」の新モデルNW-KB10を6月21日に発売する。価格はオープン価格で、市場予想価格は12万円前後となる。

 

 

炎舞炊きとは?

炎舞炊きは象印が2018年に発売を開始した、同社炊飯器の最上位モデル。それまでは南部鉄器の釜などを採用していたが、一新して炎舞炊きというモデルを発売。
炎舞炊きは「炎が舞う」の字のごとく、かまどで米を炊く際に火が揺らぐことで、釜への熱の伝わり方にムラがあるものを3カ所のヒーターで再現したもの。これによりかまどで炊いたご飯に近い炊き上がりになるものだ。

f:id:kadenyoutuber:20190428233503j:plain


実際に食べたことがあるが、もちもちした食感と粘りがあり、米の香りが感じられる炊き上がりとなっておりかなり美味しい。

前機種NW-KA10との違い

3つのIHヒーターのローテーション間隔の変更

3カ所のヒーターがローテーションして、強弱をつける事により、炎の揺らぎを再現したわけだが、そのローテーション間隔が変わった。炊き始めが弱い火で、少しずつ強くして美味しいお米が炊けるのがかまど炊き炊飯の基本で、それを再現すべく後半のヒーターを段階的に加速。炎の揺らぎの激しさを再現した事で、内釜内部の対流が促進されて、米の甘みが増した。

外観のデザインが変わった

今回の機種では本体に織物のような模様を施した。そのため、指紋が目立ちにくくなった。


本体カラーは「黒漆」と「雪白」の2色。

f:id:kadenyoutuber:20190428233520p:plain

継続している機能として、前回炊いた米の感想を入力する事で好みの炊き方に調整してくれる「我が家炊き選択」という機能もあり、家族にあった炊き方を121通りから設定してくれる。

f:id:kadenyoutuber:20190428233535p:plain

 

以下は前年モデルです。