【家電YouTuberのオススメ家電】 マストバイ!

家電YouTuberせすの家電ブログです。ついでに家電量販店の店員もやってます。

Panasonicの新型縦型洗濯機は自動投入がついた!

f:id:kadenyoutuber:20190517164438j:plain

Panasonicは、洗剤と柔軟剤の自動投入機能を搭載した縦型洗濯乾燥機3機種を6月25日に発売。洗濯/乾燥容量が10kg/5kgの「NA-FW100K7」、9kg/4.5kg「NA-FW90K7」、8kg/4.5kg「NA-FW80K7」を容量別に3機種発表した。価格はオープン価格だが、予想は23万前後を見込んでいる。

 

 

 

Panasonic洗濯機の特徴


特徴自体は乾燥機能無しの縦型洗濯機と似ているので詳しくはそちらをご覧ください。
www.goodsuser.com

 

前機種NA-FW100S6との違い

デザイン一新

f:id:kadenyoutuber:20190517164610j:plain


洗濯機のデザインが一新された。ガラストップの1枚フタとなって、スタイリッシュですっきりしたデザインへ。二つ折りのフタは廃止された。

洗剤と柔軟剤の自動投入機能追加

f:id:kadenyoutuber:20190517164652j:plain

ドラム式に続いて、縦型でも自動投入機能が搭載。あらかじめ専用のタンクに洗剤や柔軟剤を入れておくことで、選択時の水の量に合わせて適量入れてくれる。タンク容量は、洗剤が約390ml、柔軟剤が約490mlで、液体洗剤・柔軟剤の詰替用が1本分入るサイズとなっている。タンク前面の窓には目盛りがついており、残量を一目で確認できるので便利。

f:id:kadenyoutuber:20190517164709j:plain

ナノイー廃止

なんということかナノイー機能が廃止された。
ナノイーは除菌消臭ができるマイナスイオンで、カビの発生も抑止できる万能イオンだったがなくなってしまった。


なお、パルセーターの羽の高さなどは縦型洗濯機と同じ進化なのでその記事を参考にしてほしい。 

www.goodsuser.com

 

 
という感じで、Panasonicの洗濯機が進化したわけです。見た感じはデザインが非常に良くて、ほかの従業員にも好評でした。オシャレでしたね。
自動投入はかなり便利なようなので縦型乾燥機付き洗濯機ではメーカーが自動投入を出さなければ唯一のメーカーになるので期待できますね。