【家電YouTuberのオススメ家電】 マストバイ!

家電YouTuberせすの家電ブログです。ついでに家電量販店の店員もやってます。

東芝のオーブンレンジの、温め機能が進化した!ER-TD7000が発売。SD7000との違いは?

f:id:kadenyoutuber:20190517171031p:plain

東芝からスチームオーブンレンジ「石窯ドーム」の最上位機種「ER-TD7000」が、6月上旬に発売する。予想価格は税抜170,000円前後。

 

 

 

 

東芝のオーブンレンジ「石窯ドーム」とは?

f:id:kadenyoutuber:20190517171121p:plain


東芝のオーブンレンジは「石窯ドーム」という愛称が付けられており、レンジの天井部分はドーム状に弧を描いている。
これはオーブン使用時に熱対流をさせるための構造で、石窯で焼いたような熱の伝わり方を再現できる。

f:id:kadenyoutuber:20190517171410p:plain

よって東芝のオーブンレンジはパンやケーキ、ピザなどのオーブン調理の性能が他のメーカーより優れていて、オーブンレンジの最高温度は業界最高350℃となっている。

 

新機種ER-TD7000と前機種ER-SD7000の違い

「ねらって赤外線センサー」を搭載

新しい機能として、ピンポイントで庫内に置いた食品の位置と分量を検知し、適温で温めて仕上がり温度のバラツキを低減する「ねらって赤外線センサー」を搭載。
従来機種SD7000は、8つ目赤外線センサーで、センサーをスイングして1024箇所をセンシング。全体をセンシングできることで大皿に入れた料理の温めに適していた。新機種では1024箇所センシングした後に、食品の位置と分量を検知し、食品のあるところだけをセンシングするように位置を調整する。これにより、食品が置いてある部分を集中的にセンシングできるので、仕上がり温度のばらつきを軽減して、適温で温められるようになった。

f:id:kadenyoutuber:20190517171111p:plain

短時間で作れる6レシピ搭載

f:id:kadenyoutuber:20190517171327p:plain

食材と調味料1つをボウルに入れて、約1分温めるだけで1品料理が完成する「おつまみ1分メニュー」を全6レシピ搭載。「トマトチーズのスクランブルエッグ」や「ピーマンとじゃこの甘辛」、「さば缶とキャベツのカレー風味」などおつまみに嬉しいメニューを短時間で作れる。

パンの温めに特化したメニュー

冷凍保存した食パンやロールパンを温める専用の「トースト(冷凍)」と「ふっくらパン」コースを新搭載。
冷凍した食パンもトーストできるようになって、ロールパンなどの厚みのあるパンも、焼きたてのようにふっくら温められるようになった。

f:id:kadenyoutuber:20190517171340p:plain

 


最上位機種以外にも石窯ドームのラインナップが変更される予定だ。
 

↓これは旧機種ER-SD7000